Foster Salon . japan

フォスターサロンを始めたい

< 初めに確認すること >

「フォスターサロン」とは、施設(保健所、動物愛護センター)で保護した動物たちを一時的に引き取り、新しい家族(飼い主)を探すサロンのことです。フォスターサロンを始めるには、それに必要な準備と知識、そして「少しでも大切な命を救うぞ!」という信念です。いろいろと課題はありますが、まずは「一頭」から始めてみよう!の行動が大切です。

このページではフォスターサロンの主な活動をまとめてありますが、サロンの準備や、費用など、具体的な運営方法を知りたい方は、当サイト掲載のフォスターサロン(連絡受付店)に直接ご相談ください。

施設からの保護動物の引き出し

譲渡先を見つけるため、施設より保護動物の引き出しをします。そのためには、譲渡対象団体登録(東京都)をしている必要があります。高齢であったり、保護期間が長く殺処分の対象に入ってしまう子から引き取るようにしています。

▲ 久しぶりの外出に喜ぶ笑顔はいつ見てもいいものです。

保護動物の健康チェック、検診など

譲渡にむけて、動物たちの健康診断・手術(血液検査・去勢避妊手術・ワクチン接種・マイクロチップ埋め込みなど)の斡旋をします。トライアルまで管理し、健康状態の問題がないか確認をします。

一時預かりと里親探し

サロンで一時預かりをして、保護動物の性格と相性の良さそうな家族(譲渡先)を探すお手伝いをします。トライアル期間のご家族のサポートもします。

トリミング・サポート

サロン以外の一般の方で、保護動物の一時預かりをしてくださる方のトリミングサポートのお手伝いをすることもあります。

啓蒙活動と情報発信

それぞれのサロンで工夫していますが、店内掲示物やウェブサイト、SNS(フェイスブック、インスタグラム)などで活動をお知らせしています。当サイトでは「フォスターサロン」を広めるため、ロゴステッカーを作成し販売しております。フォスターサロンを始める方で、当サイトに情報掲載できる店舗さんのみの販売です。詳細は、当サイト掲載のフォスターサロン(連絡受付店)に直接ご相談ください。