Foster Salon . japan

ペットショップにいくまえに

「悲しみ」と「矛盾」を考えてください

日本では年間約17万頭の犬や猫が処分されています。

歳をとったから、病気になったから、去勢・避妊手術を受けさせず増えてしまったから、引っ越し先で飼えないから・・・など。あたりまえのことですが、人の家族であったらそんな理由で捨てることなど絶対ありえません。

悲しい現実ですが、家族として受け入れられず放棄されてしまう命があります。

そして矛盾の現実。日本で見られるペットショップなどでの「生体販売」は、海外ではほとんど存在しません。命を売るために、過酷な製造を強いられ、そして売れ残った命が処分されていくサイクルは、いつ終わりを迎えるのでしょうか。

今、動物を飼っている人、これから飼う予定でいる人、そのどちらでもない人。いろいろな立場はありますが、みんなで考えていきましょう。

▶ 動物たちにやさしい世界をProject「しあわせなおかいもの?」